くん蒸 (本船・倉庫・コンテナ-貨物)

バンコク支店では、穀物類などの輸出農産物(米やメイズ、タピオカ、雑豆類など)のほか木工製品や木製梱包材のくん蒸サービスを提供しています。また、当支店の技術協力によりミャンマーやインドでも同様のサービスを提供しています。

くん蒸農産物から木製梱包材まで、くん蒸剤の投与、くん蒸中の監視、ガス開放、くん蒸剤残渣処理等の一連の工程を、責任をもって実施します。
 

使用する主なくん蒸剤、くん蒸場所など

くん蒸剤として、リン化アルミニウム(発生ガスはリン化水素)、炭酸ガスとリン化水素を用いたミックスガスあるいは臭化メチルを用いて、コンテナー、倉庫、サイロから船舶の船倉まで、物流のニーズに合った方法でくん蒸サービスを提供しています。

さらに、船倉内でのくん蒸には、通常のくん蒸方法に加え、Jシステムと呼ばれる船倉内にくん蒸ガス循環用パイプを設置し、ブロワーを用いガスを強制循環してガス濃度を均一にして効果的にくん蒸を行う方法も提供しています。

主なサービス提供拠点

以下の拠点では弊社(含関連会社)が各国政府の許可を得てくん蒸サービスを提供しています。他の国についても、OMICグループの海外ネットワークを利用して提供可能です。

取得している資格、各拠点で適用する規格は以下のとおりです。

取得している資格 タイ農業省認定くん蒸業者(タイ)
AQIS(オーストラリア検疫局)認定主任くん蒸作業員(タイ)
適用する規格タイ農業省植物検疫局輸出消毒基準 (タイ)
FAO (国連農業機関) ISPM No.15 (International Standards for Phytosanitary Measures) (タイ)
AQISくん蒸基準 (タイ)

関係用語

  • リン化水素
    (化学名) ホスフィン (化学式) PH3 (特性) くん蒸剤であるリン化アルミニウム剤(固形または粉体)等から発生するくん蒸ガス。
    空気中の水分により分解して、殺虫成分であるホスフィン(リン化水素)を徐々に発生する。拡散、浸透性がよく、収着されにくい。長時間くん蒸を必要とし、低温化では使用不可能。銅・銀を腐食する。
     
  • ミックスガスくん蒸
    リン化水素とともに害虫の呼吸作用を促進する炭酸ガスを併用して、殺虫効果を高めるくん蒸方法。
     
  • 臭化メチル
    (化学名) ブロモメタン (化学式) CH3Br (特性) 常温常圧で気体。
    比較的殺虫力が強く速効性があり、低温でも使用可能。浸透性が強い。

トップへ戻る


 

お問い合わせくん蒸についてのお問合せ

fumigation